2010年03月27日

<名古屋市議会>減税「1年限り」可決へ 市長公約を否定(毎日新聞)

 名古屋市議会は、昨年12月に成立した市民税10%減税条例を「10年度限り」とする修正案を24日の本会議に提出する。賛成多数で可決する見通し。河村たかし市長の最大公約だった恒久減税を否定するもので、市長支持団体は議会解散請求(リコール)の準備を本格化させるとしている。

 減税条例は個人・法人市民税を一律10%減税するもの。議会は個人市民税の減税について、いったん低所得層に厚くする修正を行ったが、市長が再議権を行使して原案通り成立させた経緯がある。

 また市議会は23日夜、河村市長が初めて編成した10年度当初予算案のうち、行政改革の一環として廃止する第3子以降の保育料無料制度を復活させるなどの修正案を委員会で可決する。一方、市長が提出した議員定数と報酬を半減させる条例案は否決し、それぞれ24日の本会議で可決、否決させる。市長はすべてを拒否し、再議権を行使する見通しだ。【丸山進、岡崎大輔、高橋恵子】

「警察は被害女児家族におわびを」公安委員長(読売新聞)
「みんなが納得できる案へ」と防衛政務官=普天間、米国防次官補と会談(時事通信)
消費者目線でクッキング 「料理サロン」主宰、岩下美帆さん(産経新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
<長島圭一郎選手>故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
posted by RocheBacon at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要−仙谷国家戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は25日、内閣府で記者団に対し、財政再建の道筋を示す「財政健全化法案」の国会提出について「危機的な財政を与野党で腹を固めて議論する意味で有力な考えだ」との認識を示した。菅直人副総理兼財務相は前日、同法案の今国会提出を目指す意向を表明している。
 仙谷戦略相は財政再建について「まさに『万機公論に決すべし』で、広く議論を起こさないといけない」と述べ、国民や野党を巻き込んだ議論が必要との考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<多摩下水道工事>公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁(毎日新聞)
都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン−実験用マウスで発見・理研(時事通信)
<無理心中か>電車にはねられ母と子死亡 奈良(毎日新聞)
シャープ、一時金4.5カ月回答へ=定昇維持
posted by RocheBacon at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

「ブレーキに不具合なし」プリウス事故で千葉県警(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年7月、トヨタのハイブリット車の新型「プリウス」が前方自動車に追突、2人に軽傷を負わせた事故で、千葉県警が専門家の解析結果などから「ブレーキに構造上の不具合はなかった」と判断していたことが19日、県警への取材で分かった。

 県警は、事故原因はブレーキを適切に踏まなかった運転手のミスとして、自動車運転過失傷害(運転上の不注意)の疑いで、同県浦安市の男性会社員(37)を千葉地検松戸支部に書類送検。男性は「ブレーキがきかなかった」と容疑を否認しているという。この事故は国土交通省がトヨタに調査を指示するきっかけとなっていた。

 捜査関係者などによると、事故は昨年7月19日、松戸市南花島の国道6号で発生。信号待ちをしていた乗用車にレンタカーのプリウスが追突し、乗用車に乗っていた2人が軽傷を負った。

 県警によると、事故当初から、プリウスを運転していた男性がブレーキの不具合を訴えたため、昨年9月、県警はトヨタや専門家とともに事故車両を検証。結果、油圧などブレーキ部に問題はなく、車載されている運転記録装置「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を解析した結果もブレーキに異常はないというものだった。また、事故車両がレンタカーだったことから、複数の利用者に事情を聴いたが、いずれもブレーキに異常は感じなかったと説明したという。

 その後、米国でトヨタ車の大規模リコール(回収・無償修理)が問題となったため、今年に入りEDRの解析を交通工学の専門家に依頼。2月に「ブレーキに問題はなかった」との報告を受けていた。

【関連記事】
プリウス、本当に急加速? 米ドライバーに疑惑浮上
まるで映画!?プリウスまた暴走騒ぎ!米でパトカー体当たり
トヨタ「プリウス」逆風も首位維持 リコール影響し2月は受注3割減
ホンダHV「インサイト」が10万台突破 発売から1年で
走り求めて役員に“直訴” ホンダ「CR−Z」開発の友部氏
20年後、日本はありますか?

シー・シェパード元船長立ち合わせ実況見分(読売新聞)
輿石参院議員 農地を無断で車庫や舗装路に 法律に違反(毎日新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
郵便不正「凛の会」発起人 偽証明書提出認める初公判(産経新聞)
<監視カメラ>高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中(毎日新聞)
posted by RocheBacon at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。